惑星と宝石光線の世界へ

宝石光線療法研究会から光エネルギーの世界へご案内します。

タグ:宝石光線療法

それは私でした。

瞑想しましょ♪っと座してみたが
何も考えないって、私にとっては最も難しい行為であることを思い知りました。

テレビ見ながらご飯を食べているときだって考え事してるのですから。
画面の内容も、張り切って作った照り焼きチキン南蛮の味も、上の空。
人生すべて上の空で生きていました。

こんな私が瞑想なんぞしてみたら、次から次へと連想ゲームのように思考が飛んできます。
15年も前に3か月だけしたアルバイト先の先輩の一言を思い出して怒りが再現します。
よくもまあ、覚えているもんだ。
思考はなにもない空間からふわ~っと浮かんでくるということが良くわかります。
本当に突然、なんで?と思うような事象が(それもとびきりイヤなやつ)よみがえるのですから。
だから瞑想キライでした。ものすご~く疲れるんですもの。頭が。

実はグラハを置いて一番感動したのは、いい瞑想が出来るようになった!ということ。
非二元の本を読むと、「意識を体におく」「何かしているときも常に体のエネルギーを感じておく」
というのがありますよね。
これが簡単に出来るようになりました。
なぜかって、振動がすごいんです。特に第一~第三チャクラあたりまで超微細振動がバンバンきます。
これが気持ちよくて、この振動を意識していると、瞑想のとき思考が入ってこなくなります。ホントに。

たまに振動が弱くなると、グラハの音楽をかけてシューマン波にして、本体を包み込んでいると
よみがえります。
振動に集中すると1時間くらいの瞑想もOK!これが一番の収穫です。

それと瞬間的に「へ?今、移動した?」ってのもあります。
多いときは3回くらいパタパタパタって一瞬で違う世界に移動した感覚があるんです。
空気感が変わるからわかるんです。

なにしろ毎日が楽しくなってきました。
また、面白い事象があったら報告しますね。

と、お電話で報告いただきました。
宝石光線療法研究会会員 大阪府 SUさま 女性 40代より

面白い!続きをお待ちしています。










rotasu

宝石光線療法、レイキなどさまざまな自然療法セミナーを開催しています。
BOX型のテレセラピー装置を使って写真遠隔セラピーが可能です。(ご来店いただかなくても大丈夫です)
詳しくはお問い合わせください。

西武池袋線 入間市駅下車 徒歩4分
〒358-0003 埼玉県入間市豊岡1-3-17 ヨシケンビル301
TEL04-2960-1561

営業日 月・火・木 10:30~14:00
ヒーリングルームロータス






写真遠隔を体験された方の体験談

今から5年程前、起業と更年期が重なり不正出血が1年程続きました。病院の検査では子宮筋腫、及び子宮体がんは問題なし、頚がんは軽度の異形成が見られるため定期健診を怠らないようにとの診断でした。出血の原因は子宮内膜の増殖による可能性が高いとの事で、ホルモン療法を勧められました。

 

しかし出血量は収まるどころかどんどん増え、多忙を極める仕事のストレスも相まって精神的にも肉体的にも限界を感じていたある朝、目覚めると腰から下が大量出血による血の海!だるさと貧血状態で起き上がることが出来ない中、「あれ?人間って体内の血をどれくらい失うと死ぬんだっけ…。まだ生きてるから意外といけるのね。」などと呑気に考え、半ばもうどうなってもいい気分だったことを覚えています。

 

そんな折、ある方に紹介され、宝石光線療法を受けることになりました。

 

その結果を先に申しますと、1年の間、一日も止まることがなかった不正出血が、遠隔治療を受けたその次の日から、本当に翌日からピタリと止まったのです。正直のところ一番驚いたのは私でした。テレセラピーのパワーは理解しておりましたが、徐々に段階を踏んでゆっくり完治していくものというイメージがありましたので。

 

「宝石光線遠隔療法は、身体の奥深いところにある潜在意識、魂に働きかけて内側からエネルギーの流れを整えていく療法」症状の完治は正にこの理論を証明するものと思います。なぜなら治療を受けた折、先生は私の生年月日から、抱えているカルマを読み解き的確なアドバイスをして下さったのです。「あなたの潜在意識の中にはいつもチロチロと燃えている怒りがあるね。それを感謝に変えることでカルマの解消を促し、さらにそれが人生の目的を知ることに繋がるよ。」と仰いました。

 確かに私の心の奥底に、顕在意識の中では忘れたつもりでいる拘りが存在します。気付かないふりをしていた家族関係における問題です。「ああそうだ。私、怒っていたんだ。」そのとき、知っていながら無視し続けてきた過去の痕跡に焦点を合わせることが出来ました。気付いたのです。自分自身で気付き、さらに各々の症状に見合った宝石の光を照射する。それにより痛みが消化され、エネルギーのバランスが整い症状を完治させたのだと思います。

 このとき、宝石光線療法の深遠なる無限の可能性を垣間見ることが出来ました。それが現在の家庭用光エネルギー発生装置普及の原点となっています。

 

カルマというものがひとつの実体なきエネルギーの動きと考えると、そこに的確な強い光を当て、さらに意識の力で方向性を変えていくということは可能なことだと思います。私はこの療法により「過去に囚われず、未来を憂えず刹那を生きる。」という言葉を実感することが出来ました。そして私の周辺の遠隔装置を使用している多くの方々からは、絶え間ない多幸感による意識の覚醒という事例がたくさん発生していることを報告させていただきます。(東京都 NF58歳)

宝石光線照射装置グラハにはピラミッド水晶がセットされています。
ピラミッド水晶は私たちのいる三次元世界と高次元を繋ぐアンテナの役割を果たします。
光照射部分にピラミッド水晶を乗せると、宝石に内在する光線を増幅させ光エネルギーを
行き渡らせます。また、ピラミッド水晶の頂点から高次元の情報を受信することで、超意識に目覚めたり高次元パワーを手に入れることが可能であると言われています。


pira

赤から順番に切り替わっていきます(10色)。
眩しさを全く感じない神秘的な色と光。

【色の順番】
赤外線紫外線⇒白



sui

オプションで水晶柱を乗せてみました
高さ10cm、横7cm、ややスモークがかかっているので色に深みが出ています。
豪華でステキ!



poi

水晶のポイントを5本乗せてみました。これまたゴージャス。
No.5のポイントは色が見えにくいですが、希少な天然シトリンです。

このようにグラハはどんな水晶を乗せてもOK。
ちなみに丸玉水晶を乗せると、占い師っぽくなります

オプション水晶は別売りです。欲しい方はご相談ください。






 インド太古より伝わる宝石療法は、ベノイトッシュ・バッタチャリア博士により体系化され、内在する光線を取り出し照射する宝石光線療法に進化しました。その後、日本に取り入れられさらなる発展を遂げていることはご承知の通りです。ところで本場インドでは現在、宝石光線療法をどのように活用しているのでしょうか。

惑星と対応した宝石を用いて人間を治療する方法は、アーユルヴェーダなどの領域で古くから知られていました。この古典的な知識を近代的な科学の成果と融合させ、治療を行う手法が宝石光線療法です

ミヤ・クマール・バッタチャリア博士(以下、A.Kバッタチャリア博士)は、50年以上の経験と研究により、宝石を用い単純かつ容易に病気に対処し健康を維持する方法を研究してきました。さらにA.Kバッタチャリア博士は、インドウエストベンガル州のクリニックで、毎年5万人を超える患者を治療することにより、宝石の有効性を証明してきました。

 

インドでは経済的、社会的な事情により十分な医療を受けられない階層の人々が数億人単位で存在しています。A.Kバッタチャリア博士のクリニックでは週に一度、これら貧困階級の人々に対して無償で診察を行っています。
b-1

無償診療日には、1日6000人以上もの患者が訪れますが、これらの患者すべてに高度な医療や高額の医薬品を処方することは事実上不可能です。そこで博士の提唱する宝石光線療法を用いることで、このような人々も多大な恩恵を享受することが可能になったのです。

 

投薬、外科的処方などの方法によって治すことができない症例に対して、A.Kバッタチャリア博士は新しい知識や方法を模索し、様々な実験を行いました。そのため正統派西洋医学の医師達からの多くの反論に直面しなければなりませんでしたが、やがて宝石光線療法は一定の評価を受けることとなりました。

A.Kバッタチャリア博士の理論の大部分は、彼の父親で有名な密教研究家にして医学者であった、ベノイトシュ・バッタチャリア博士の影響を受けています。A.Kバッタチャリア博士は、その業績を継承しただけでなく、新しい考えや最先端技術を積極的に取り入れることで、父親の残した理論を現代医学の中で再構築しています。

 

太古より人類を魅了してきた宝石は装飾品としてだけではなく、医療目的のためにも利用されてきました。ベノイトッシュ・バッタチャリア博士は、末娘の重病が一個の水晶によって治癒したことから、宝石光線療法の可能性に着目しました。

やがて宝石によって非常に安価な治療薬を作ることに成功し、宝石光線を用いた治療でも一定の成果を得ることが出来ました。宝石による治療は、一個の水晶から始まり、回転システムを経て現在に至っています。

この研究は現在、日本・英国・デンマーク・スペイン・カナダ・アメリカ・オーストラリアなどの国々で実際に深刻な症例に対し試され、その有効性は実証されています。A.Kバッタチャリア博士は、このシステムのさらなる進化のために、代替療法の論説や成果を加えつつ、多くの研究者参加による知識の集積と情報交換を提唱しています。

ナイハティのクリニックでは現在、モーターによる回転よりもさらに高い振動を発生させるために、周波数発生装置が開発され実際の治療に用いられています。インド各地、あるいは世界各国から送られてきた写真が、ずらりと並んだ周波数発生装置にセットされ遠隔治療が行われています。

ナイハティのクリニックにおいて報告されている治癒例は、現代医学では完治が困難な疾患や、部分的にしか効果の得られない病気が数多いということです。さらに病気のみならず、霊的現象への対処や、人間関係の和解、社会的成功など、現象改善の方面にも応用されています。


a





来日したときのA.Kバッタチャリア博士(左)と船川会長

さすがは懐の深いインド。クリニックにおいて西洋医学、代替医療さらには霊性向上まで目指してしまう模様。もちろん、日本では宝石光線療法はあくまで代替療法の一環として、個人個人が無限なる可能性を追求するものというスタンスでお願いねっ


このページのトップヘ